年齢を重ねると食べた分だけ脂肪になってしまって、いろんなダイエットの口コミや商品のレビュー、ダイエット方法を眺めては痩せた、痩せなかったという感想で一喜一憂しているのが目に浮かびます。なぜ太りやすくなるのか?仕組みを知ることから始めましょう。食べ過ぎは肥満を招くと言いますが、消費しきれなかった糖が貯蔵しやすい形になったのが中性脂肪と呼ばれるものです。中性脂肪になる前の糖をメタバリアEXが抑制します。体内でエネルギーにする働きを行うのが、インスリンです。インスリン抵抗性になると本来の能力が低下します。メタバリアEXのサポート力、生活習慣の予防、減量につながる効能や効果を再確認しましょう。

インスリンの働き

血液には常にエネルギーのもとになる糖が流れています。血糖の数(高さ)をコントロールしているのが、インスリンです。
胃の裏側にある小さな臓器、膵臓のランゲルハンス島という組織で作られています。

インスリンは空腹時と食事後では違う働きをします。
空腹時は血液中の糖の量も減少するのでインスリンが分泌されると、減りすぎないように肝臓にある貯蔵糖(グリコーゲン)を分解して血液中に糖を放出します。
食事後は細胞に血糖を取り込んでエネルギーとして使います。

インスリンによる血糖の主な取り込み先は肝臓や骨格筋、脂肪組織です。
食事から得る糖の約半分をグリコーゲンにして肝臓に貯蔵します。
糖が体内で不足すると、体内脂肪を分解しエネルギーで消費するようになります。

メタバリアEXは、糖を抑制する働きと代謝を活発にして脂肪の燃焼を促します。
糖が抑制された状態が続くということは、常に体内脂肪を分解しエネルギーとして消費しやすい環境を作ります。
その結果、ダイエットで脂肪が減少し痩せたと実感できるのです。

加齢とともに、基礎代謝は低下します。
エネルギーの消費量が減ると体内脂肪が増えていきます。
食事で糖と炭水化物の摂取量が多くなれば、インスリンはそちらを優先してエネルギーで消費しようとします。
糖不足にはならないので、体内脂肪をエネルギーとして消費することはありません。
さらに過多になった炭水化物や糖を脂肪細胞に取り込んで貯蔵します。

インスリンは体の栄養状態のバランスを取る重要な働きをしていることがわかります。
糖になる食べ物をたくさん食べても太らない人は、代謝が活発だと考えられますがインスリンの働きが良いとも言えます。

メタバリアシリーズの口コミや商品レビューの多くは、メタバリアEXと食事や運動のバランスで脂肪の燃焼がうまくいった例です。
お試しの時点で代謝アップ、体質への変化があったという感想もあり、効き目についてはインスリンの働きなど個人差があるものの、最低でも数か月の間、効能や効果について様子を見ることがポイントになります。

インスリン抵抗性

生活習慣の改善の手助けをするのが、メタバリアシリーズです。
メタバリアEXは、糖の抑制系がメインで脂肪燃焼、体質改善のサポートをするサプリメントです。

ダイエット商品のレビューで検索するといろんな商品の効能や試した感想、痩せたという内容の書き込みであふれています。
中高年向けには血糖値を安定させるための商品が販売され、高血糖の対策にはインスリンの働きを高める方法が紹介されています。

インスリンの働きや言葉は聞いたことが多いと思いますが、「インスリン抵抗性」とはどんな状態なのでしょう。
インスリンに対して対象細胞の反応を「インスリン感受性」と呼んでいます。

血中にインスリンがあるのに各臓器の反応が鈍く、本来の働きが発揮できない状態が「インスリン抵抗性」です。
インスリン抵抗性がある場合、各臓器でいつもの働きをしないため血糖値が下がりにくいので、通常よりたくさんのインスリンが分泌されることになります。
常にフル稼働しているのが慢性化すると膵臓のインスリン分泌の機能が低下し、血糖値が上がります。

インスリン抵抗性になる主な原因は、遺伝、肥満、ストレス、運動不足に高脂肪の食事が関連していると考えられています。
遺伝については身内にインスリンの働きが悪く糖尿病になっている人がいると、遺伝的に同じ体質でなりやすいと考えられていますが、似たような生活習慣を送っているので体質が似るとも言われています。
インスリン抵抗性になると、骨格筋や各内臓が血糖をエネルギーとして取り込めないので、体が栄養不足になってしまいます。
肝臓では血糖が足りない時にタンパク質を分解して糖分に変えます。
この働きを糖新生と言っています。

取り込まれない状態が続き栄養不足だと判断すると、必要以上に肝臓では糖新生が起こり、糖分が増加、高血糖になるのです。
それが続くと糖尿病を発症する確率が高いのですが、インスリン抵抗性には運動療法が効果的です。
運動をすると筋肉で糖を取り込み、エネルギーの消費が進みます。
併せてメタバリアEXを継続的に摂取することで糖の抑制ができます。

ダイエット関連の口コミなどで食事の糖をカットする方法を選択している人がいますが、食べない療法はかえって体の負担になることがあるので注意が必要です。
体には活動のエネルギーになる糖の存在は欠かせません。
反対に大量の糖も人の体には負担になるのでバランスを保つことが大事なのです。

人間はもともと太りやすい生き物?

顔のパーツや身長などの特徴は遺伝的な要素でご先祖様から代々引き継いでいるので、体質も遺伝することがあると言われたら残念に思う人がいると思います。
日本人の体質で言うと、インスリンの分泌量は海外の人と比べたら少なめ、膵臓の働きが鈍いほうだと言われています。

昔からあっさりした味付けと消化の良い調理法で和食を好んで食していたのは非常に合理的で日本人の体質に合っていました。
今の日本には多国籍料理がたくさんあって、子どものころから和食以外のこってり系を好んで食べる傾向にあります。

膵臓の働きの弱さが若さだけでカバーできなくなった時、肥満傾向になって生活習慣病として出てくるのです。
日本のすべての人たちに当てはまるわけではありませんが、太りやすい人、いくら食べても身につかない痩せの大食いと言われる人がいます。
住んでいる地域によっても食べ物や環境の違いで太りやすいか、そうでないかがあるようです。
世界中の人が同じもの、同じ量を食べる時間を合わせたら、みんなが同じ体型になっていたでしょうか。
やっぱり痩せている人、太る人はいたでしょう。

太る原因を遺伝や環境のせいにするのは間違っていますが、生活習慣や環境を変えれば体質が変わってくるのは確かです。
いつもの習慣にメタバリアEXのサプリメントで変化をもたせましょう。
体質だけでなく、過ごす環境も改めて見直してみましょう。

体をあまり動かさないデスクワーク、一日居ると体が冷えるオフィス、日常の運動不足。
口コミやお店のレビューでおいしい食べ物を探し、休日は店巡り。
情報源は手元のスマホ、お店の情報や利用した感想が簡単に手に入る時代でほぼ動かずに収集できます。
現代人は太りやすいというより、食べれば太る環境が揃っているのです。

人は効能、効果が大好きな生き物です。
あらゆるダイエットに挑戦し、幾度となく、痩せた、痩せなかったの感想を繰り返すのも習慣になっています。
サプリメント迷子にならないよう自分に合った方法で、楽しみながら体の中からキレイになりましょう。

まとめ

人の血糖値をコントロールしているインスリンには、血液中の糖が多い時も少ない時も調整しながら体のエネルギーにする働きがあります。
糖が少なくなれば、貯蔵されている脂肪を分解しエネルギーにします。

健常な人のインスリン分泌は、食前後で血糖値を正常の範囲内に抑える働きをします。
ところがインスリン抵抗性になると充分なインスリンの働きが行われず、高血糖になってしまいます。
糖のコントロールのサポートをしてくれるのが、メタバリアEXです。

遺伝的な要素や環境などが原因で、インスリンの働きが鈍い人がいるのも事実です。
世の中にはダイエットの口コミやレビュー、方法や商品に関する痩せた、痩せなかったという感想などの様々な情報であふれています。
人は効能や効果を求めるのが大好きです。
自分に適したサプリメントでキレイを目指しましょう。