最近お腹周りが気になる、食事制限をしても思うように痩せない。加齢で代謝が落ちているのが原因かもしれません。糖の吸収を抑えるほかに、血管の補強や、食物繊維で腸のお掃除や体質改善などに効果が期待できるメタバリアEXは、食品として安全性が確保された、効能や機能性が表示できる機能性表示食品です。メタバリアEXには、赤ワインポリフェノールやクロム含有酵母、緑茶抽出物といった有効成分がぎっしり詰まっています。ユーザーの間では、糖質が気になって飲んでいたが痩せたと同時に体が元気になったという感想や、ダイエットの口コミサイトのレビューでも体質が改善されたなど嬉しい報告が増えています。

赤ワインポリフェノール、クロム含有酵母/結晶セルロース

口コミや感想、レビューでも高評価のメタバリアEXには血管をしなやかに、体質改善に役立つ成分が入っています。
キーワードは抗酸化作用と肥満解消の効能です。

それぞれの成分を見ていきましょう。
一つめは「赤ワインポリフェノール」です。
ポリフェノールは抗酸化物質の代表格だと言われています。
植物がもつ防御反応でポリフェノールを使って活性酸素から身を守っています。
有名になっているのはこの「赤ワイン」ですが、ポリフェノールの種類は5000種類を超えているそうです。
それだけ数があれば何にでも含まれていそうな気がしますが、一定量にたくさん含まれているのがポイントです。
豊富に含まれているものには特徴があって、植物中心、種子や紫外線から身を守る葉に多いとされています。
実がなるものではココアやブルーベリー、葉っぱと言えばお茶、紅茶のカテキンもポリフェノールの仲間なのです。

二つめの成分は、クロム含有酵母です。
酵母はお酒造りやパンには欠かせないものです。
では、「クロム含有酵母」とは何でしょう?クロムは別名「代謝のミネラル」と呼ばれていて、生活習慣病の予防に役立つ働きをします。
主に肥満解消、心臓病や高血圧予防への効果です。
肥満の人は高血圧になりやすい傾向だと言います。
痩せたら高血圧が改善したとの報告も多数あるため、高血圧の治療の際には先にダイエットを行うことがあります。
クロムはアメリカのほうでいち早く肥満に効能があると実証され、「クロムダイエット」という言葉も生まれました。

次は酵母についてです。
酵母とは自然界のいろんな植物などに生息している微生物の一種です。
パン酵母やビール酵母はどこかで見聞きしたことがあると思います。
酵母は古くから日本酒やワイン、納豆や味噌、醤油づくりなどに利用してきました。
種類が豊富で、パンについては酵母を変えることで風味や保存期間が変化します。
酵母で発酵させた食品を摂ると体に良いと言われるのは、糖の吸収を抑える効果があるからです。

ほかにもお通じを良くする、疲労回復、免疫力を高める効果があるとされています。
そして「クロム含有酵母」は、ビール酵母にクロムの足し算で生まれました。
私たちが日ごろ食べ物からポリフェノールやクロム含有酵母を摂るには含まれる量が多いもの少ないものと差があり、必要量を摂るために毎日の食事で大量に食べなければならないとなると大変です。
一定の量を手軽に、確実に摂りたいときにおすすめなのがメタバリアEXなのです。

緑茶抽出物、炭酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム

食物繊維でお腹のお掃除をすることでお腹がスッキリして痩せた、効果があったというレビューや手軽で飲みやすいといった感想、口コミで話題になっているメタバリアEXですが、ほかにも体にやさしい成分で老化や酸化を防ぐ効能が期待できるのをご存じでしょうか。
その成分を引き続き見ていきましょう。

緑茶抽出物、フラボノイド系ポリフェノールと呼ばれているのがカテキンです。
とくに緑茶から抽出されるカテキンには優れた抗酸化作用があると言われています。
「体が酸化する」とはどのような状態のことでしょうか。
人はエネルギーを作り出すために呼吸して酸素を取り入れています。
そのとき体内の物質と結びついて酸化します。
体が酸化すると、老化の一因、生活習慣病になりやすいのです。
抗酸化物質は酸化するときの身代わりになり、体の細胞の酸化を防いで守ってくれます。

もう一つ、カテキンには抗肥満作用があります。
長期的にカテキンを摂取することにより、肝臓内で脂肪を消費する酵素が活性化されることがわかっています。
その結果、脂肪の増加が抑えられ肥満を防ぐ効果があるのです。

次に炭酸カルシウムです。
イライラするときや怒りっぽいときに「カルシウムが足りない!」と言われたことがありませんか。
乳製品の摂取率が低いと言われる日本人には、メタバリアEXは炭酸カルシウムが手軽に摂れるサプリメントになります。
怪我をしたときに出血することがありますが、血液凝固に欠かせないのがカルシウムです。
骨粗しょう症、高血圧や血中コレステロールを下げて動脈硬化を防ぐ効果が確認されています。

最後にパーム油やヤシ油が主原料のステアリン酸カルシウムです。
ステアリン酸はエネルギーが足りないときに脂肪をエネルギーに変える働きをします。
血管を強くして脳出血や脳卒中のリスクを下げてくれます。
ステアリン酸カルシウムは化粧品にも使われるなど添加物としては用途が広くメジャーなものです。
それだけ人には安全な物質だということになります。
ほかの成分も同じですが、何においても摂りすぎは体にとって毒になることがあるので注意が必要です。

微粒酸化ケイ素、光沢剤、酵素処理ルチン

販売されているサプリメントの多くは、何かしらの添加物が入っています。
多くは加工の段階で使われて、ほとんどが残らないものです。
添加物がないとサプリメントとして成り立たないものもいくつかあります。
体に影響がなく安全な添加物は昔からあらゆる食品加工のために使われてきました。

メタバリアEXには、食品添加物として安全性が高く国から認可された成分を使用しています。
これから挙げる2つの成分については、飲みやすさや保管のしやすさに役立つ成分です。

1つめの微粒酸化ケイ素は粒状に固めるために必要で成分同士のつなぎのような役目、また吸湿を防ぐのに使われています。
摂取しても体に留まることがなく、体外に排出されます。

2つめの光沢剤はタブレットの表面に皮膜をつくり、保護をするためのものです。
ほかに水分の蒸発を防ぎ、逆に湿気から守ります。
これらの成分はメタバリアの一定品質を安定させるために使われているものです。

最後に酵素処理ルチン。
ルチンはもともと溶けにくく、加工食品に対して使いにくい性質をもっています。
それを解決したのが酵素処理をしたルチンです。
酵素処理ルチンは、カテキンなどのポリフェノール同様、抗酸化力効果が高いものとされています。
ルチンは普段から私たちが口にする食べ物にも含まれています。
そばやみかん、トマトのような野菜や果物などです。

一日の摂取量は約30ミリグラムが目安、おそば一食分だと言われていますがそばアレルギーの人は当然避ける食品で、毎日食べるにしてもちょっと考えてしまいます。
だからこそ忙しい現代人に、タブレットで簡単に必要量を摂取できるメタバリアEXがおすすめなのです。
ダイエットをしたいけど食事のコントロールが苦手でメタバリアEXを始めた人が、糖の吸収を穏やかにしてくれるのでいつもの食事でも効果が感じられたという感想や、お通じが改善され疲れが溜まりやすかったのに体が元気になったと口コミやレビューでその効能が注目されている商品です。

まとめ

体質改善で健康を維持!安全性が高いサプリメントとして効能などが期待できるメタバリアEXには日ごろの食事だけでは補えない栄養素が入っています。
糖の吸収を緩やかにするほかに、体の抗酸化作用が高い赤ワインポリフェノールや緑茶抽出物、体の回復力と免疫力を高める「代謝のミネラル」と呼ばれるクロム含有酵母という成分が入っていて、体質の改善を促します。

継続的に摂り続けた結果、腸内環境が整い体質が改善したという声が上がっています。
今までダイエットの口コミサイトや商品レビュー、体験者の感想を眺めていたみなさん、次にメタバリアEXで体質が変わったと効果を実感するのは目の前のあなたです。